スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島首位に「やっぱり」、さしこ大躍進に一番のどよめき AKB総選挙

 人気アイドルグループ・AKB48の27枚目シングルの選抜メンバーを決める「第4回選抜総選挙」の開票速報発表が23日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われ、昨年2位の大島優子(23)が、1万5093票を集め1位発進した。2位には2400票差で昨年3位の柏木由紀(20)が、3位には同5位の渡辺麻友(18)が続いた。AKB卒業で立候補を辞退したエース・前田敦子(20)が不在の中、昨年9位の指原莉乃(19)が4位となる大躍進も。開票イベントは6月6日、日本武道館で行われる。

 前田不在で注目された開票速報だが、大島が強さを見せつけた。2位・柏木に約2400票差をつけて、昨年に続き1位での船出となった。

 大島にとっては、重圧のかかる選挙戦。過去3度の総選挙で前田との一騎打ちを繰り広げてきたが、最大のライバルが抜けたことで“センターは当然”の空気が流れる中、グループの中心としての貫禄を見せ、会場からは「やっぱり」などの声が漏れた。

 秋元才加(23)や倉持明日香(22)ら、AKBを支えるメンバーが大きく順位を下げるなど波乱の展開もあったが、会場が最もどよめいたのは指原の大躍進。昨年も前年19位から9位にランクアップしたが、今年は堂々4位発進。乃木坂46との新曲同日発売対決など話題が多く、露出度に票数が比例した。

 “姉妹グループ”も旋風を起こす。NMBの渡辺美優紀(18)、山本彩(18)はともに初のベスト20入り。SKEの松井珠理奈(15)も初のトップ10入り。松井玲奈(20)は過去最高位の7位にランクインした。64人中、姉妹グループ勢がおよそ3分の1の23人を占め、玲奈はファンとの交流サイト「Google+」上で「まだ速報ですがとっても嬉しい」と喜んだ。

 2位の柏木は「Google+」に「速報とはいえど、嬉しいです!変わらず、頑張ります」と綴り好発進に手応え。トップ3は“無風”スタートだが、大島の獲得票は自身の前年の速報票数を下回っており、“当選議席”が昨年より24人増えたことで、票が分散する可能性もある。

 秋元康総合プロデューサー(56)が「まったく予想できない」と話す通り、投票は22日に始まったばかり。このまま大島が順当にセンターに返り咲くのか。柏木がチームBから初のセンターに輝くのか。3位以下からの“下克上”はあるのか‐。開票まで2週間。最後まで目が離せない。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6589059/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








sin_gle_sさん

AKB48の前田敦子さんが、今夏に予定される東京ドーム公演の、翌日の

東京・秋葉原のAKB48劇場での公演を最後 に脱退が決まったね。





ベストアンサーに選ばれた回答


ilove_akb48girlsさん


正式に発表されるまでは、東京ドーム公演・劇場公演のどちらが卒業ステージになるのか、と言われていましたが・・・

私の意見としては、あっちゃんの原点である 『劇場』 での卒業が1番ふさわしいと思っていたので、今回の決定は良かったなと思います。

AKB48の長年の目標だった東京ドームのステージは、あっちゃんにとっても晴れて明るい公演のほうがいいと思っていました。


結成当初から今まで約6年半、1期生としてAKBをずっと支えてくれていたメンバーが卒業をしてしまうのは、内心とても寂しいと感じています。
でも、夢を追うためにこんなに大きな決断をしたことはすごい事だと思いました。
だから、卒業をする日まで、そして卒業してからも、《女優になる》という夢に向かうあっちゃんを応援していきたいです!!



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1487531449
※この記事の著作権は配信元に帰属します


AKB48選抜総選挙速報、2位柏木「ドキドキだ~っ!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000009-rbb-ent
プロフィール

ごまぷー

Author:ごまぷー
北海道に住むどこにでもいる
中年種族。自分では若い
つもりでいるが、会社に生息
する別種族→「管理族」・
「若年族」とのコミニュケー
ションに苦労している。

最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。