スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎名林檎、新曲“自由へ道連れ”が中居正広主演ドラマ「ATARU」主題歌に

AKB48関連の情報てんこもりで行きます。


TBS系で4月15日にスタートする連続ドラマ「ATARU」の主題歌を、椎名林檎が担当することがあきらかとなった。
「ATARU」は、サヴァン症候群である主人公のアタルが、その驚異的な特殊能力でさまざまな難事件を解決していく新感覚のミステリー・エンターテイメント。SMAPの中居正広が「砂の器」以来約8年ぶりにTBS系のドラマで主役を演じるほか、北村一輝や栗山千明、Kis-My-Ft2の玉森裕太、AKB48の研究生である光宗薫などがキャストに名を連ねており、第1回のゲストにはミュージシャンのROLLYらがゲスト出演する予定だ。
ドラマ制作スタッフからの熱い要望に応える形で主題歌を担当することとなった椎名は、本作のために新曲“自由へ道連れ”を書き下ろし。彼女のレーベルオフィシャルサイトには、この主題歌制作についてのコメントが掲載されている。“自由へ道連れ”はドラマの初回放送よりオンエアされるので、ファンはマストでチェックしよう!
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ




http://news.livedoor.com/article/detail/6445605/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。










hoshigamine48さん

AKB48次期センターに相応しいメンバーは誰ですか?
将来性を考えて入山さん?川栄さん?岩田さん?
経験で渡辺さん?




ベストアンサーに選ばれた回答


a6569ddさん


松井珠理奈のAKB48チームKの移籍が暫定と言う反面。失敗だったらAKB48プロジェクト全てのプロデュースから手を引くと秋元康は言いました。


松井珠理奈はデビューからAKB48選抜で前田敦子とダブルセンターをやっています。
しかし、その重圧に負け一度AKB48センターから降りています。
運営はポスト前田として松井を扱いました。しかし、その重圧やアンチのバッシングに負け一時、AKB48選抜のセンターから降ります。しかし、前田卒業でセンター争いの重圧のトラウマが甦った。

秋元康「珠理奈の場合は、監督とファンとの見解に相違みたいなものがあるでしょう。監督としてはチームの2年後、3年後を目指していて、現時点からその選手を大舞台に乗せなければと思っている。でもファンからすれば、今現在見たときに、まだそこまで行っていないだろう、と思うかも知れない。そういうギャップはある」

2008年10月22日「大声ダイヤモンド」
AKB48が長い長い停滞期を迎えていた頃、AKB48が全国区に出るという大きな“役目”をあるひとりの少女に託された。
松井珠理奈。当時11歳。秋元康をして“ダイヤの原石”“天才少女”と言わしめた松井だったが、しかし心の中では大きな不安と戦っていた。劇場デビューすら果たしていない少女は10月22日発売のAKB48のシングル曲『大声ダイヤモンド』のセンターとして大抜擢された。

松井の大抜擢に対して旧チームKは秋元才加、大島優子、河西智美がバックメンバーに下がり大堀恵、梅田彩佳が選抜から落ちた。
松井珠理奈はAKB48のセンターに大抜擢代償にAKB48ファン、特にチームK推しから物凄いバッシングと重圧を受ける事になる。

大島優子『「大声ダイヤモンド」は、急に松井珠理奈が選抜のセンターに入ってきたので、正直「コイツはなんだ!?」と思ったんですよね。…フロントメンバーからも外れたので、こりゃちょっとまずいぞと。 チームKで同い年の秋元才加も同時にフロントから外れたので、二人で「とうとう来たよ、世代交代!」みたいな。』

SKE48も10月5日にSKE48劇場デビューが決定。メンバーは初日に向かってレッスンを続けていたが、そのセンターには松井珠理奈の姿がない日が続いた。
松井珠理奈にとってSKE48は家族と同じくらいに大切な場所。なのに、SKE48のためのレッスンができない。
そんなジレンマを抱えながら、SKE48は初日を迎える。
松井「当日、本当に不安でパニックでした。お腹も痛いし、一番練習できていないのにセンターだったし」

ステージに立つプレッシャー。その重さに耐えきれなくなった松井はリハーサルで立っていられなくなり、そのまま起き上がれなくなってしまう。

松井「本当に苦しくて苦しくて・・・もうダメだって思いました。SKE48のスタッフさんも『無理じゃないか』って言っていて、結局『3曲だけ出よう』っていう話になったんです」
楽屋で横になる松井の体が回復しないまま、開演時間が近づいてくる。そんな劇場に秋元康が到着した。
松井「秋元先生がいらしゃったと聞いて、先生のいる部屋に行ったんです。そしたら先生が『珠理奈、出るよな?』っておっしゃったんです。その時に『ああ、センターってそういうことなんだ』って現実を知ったんです。もう『はい・・・』としか言えなくて、そのまま楽屋に帰って大泣きしました。すごく辛かったけど・・・でも、あの時、自分がセンターだっていう“自覚”みたいなものを意識したのかもしれません」

前田さんの隣に、SKE48の松井さんがダブルセンターとして入ってきた。率直なところ、どんなお気持ちでしたか?
前田「別に余裕があったわけじゃないんですけど、年齢も違うし、あまり意識はしてなかったんです。でも、思った以上にファンの人からすごい言われたというか、比べられていたというか。それを知った時はちょっとびっくりして、焦りましたね。私はどうすればいいんだろうと思って…。秋元さんにもその時期、怒られたことが何度かあったんです。「このままでは松井に抜かされますよ」って言われたこともあったし、私自身も格闘してる時期で。「大声ダイヤモンド」の時から、秋元さんに毎回意識を聞かれるようになりました。 「どうしますか?」ってメールが来るんですよ。「どうしますか?前田はできますか?」って。

秋元康「前田がトップでいるプレッシャーとの戦いであるならば、珠理奈は期待されるプレッシャーとの戦いである」


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1485026899
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


レコチョク「史上最強のアイドルソング名曲ランキング」 AKB、モー娘。、ももクロも上位に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120407-00000004-lisn-musi


さらにAKB48関連ニュースを見る

プロフィール

ごまぷー

Author:ごまぷー
北海道に住むどこにでもいる
中年種族。自分では若い
つもりでいるが、会社に生息
する別種族→「管理族」・
「若年族」とのコミニュケー
ションに苦労している。

最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。